【PL/SQL】Oracle PL/SQL入門【第3回 削除してみよう】

2020年8月21日

PL/SQL入門 プロシージャの削除

第1回から作成してきたPROCEDUREですが、
削除(Oracle上から消去)してみましょう。

STEP1. コンパイル済、PROCEDUREの削除

SQL*PlusからOracleにログインして下さい。
そこで下記のコマンドを入力してEnterキーを押下します。
※ここで指定する「TEST」は作成したプロシージャの名前となります。

DROP PROCEDURE TEST;

画面にプロシージャが削除されました。
と表示されました
プロシージャの削除成功です。

STEP2. プロシージャが削除されたかの確認

「Oracle SQL Developer」を使用してプロシージャが削除されたか確認します。

Oracle SQL DeveloperでOracleにログインし、左のツリーに「プロシージャ」と言うのがあるので選択します。

「プロシージャ」を選択しても何も表示されません。
正常に削除されています。

これで、PL/SQLをコーディング ⇒ コンパイル ⇒ 実行 ⇒ 削除
の流れを実施しました。
次回から処理をコーディングしていきたいと思います。お楽しみに!

記事を読む >> Oracle PL/SQL入門【第4回 処理を書いてみよう】

【PL/SQL】メニュー

サイトマップ

2020年8月21日Oracle,PL/SQL,データベース,プログラムPL/SQL入門

Posted by こっぷ